Since 2005.4.20 
秋目人の個人サイトです。

 WORK


■最新刊2017年5月18日 ガガガ文庫より発売中

漂海のレクキール
漂海(ひょうかい)のレクキール
659円(税込み)
イラスト 柴乃櫂人

あらすじ
限られた陸地しか存在せず、多くの人々が海上での帆船生活を送っているトリク海。その片隅では、
不法船乗りたちが補給と取引のためにつどう集会が定期的に開かれていた。
自船『屑星(くずほし)号』に乗り、日ごろ気ままに大海原を航行している青年カーシュは、半年ぶりとなる集会で紺色の髪の少女サリューと出会う。サリューは
場に似つかわしくない空気を纏い、謎の海図を所持していた。海図が示す場所へ向かうため、船を出してくれる人間を探しているらしいが――。

ガガガ文庫公式サイト紹介ページへ
 試し読みをする

※さらに本文が読める 【期間限定試し読み増量版】漂海のレクキール (Kindle)も5月26日に発売です。


■2016年
電撃文庫より発売中

少し拡大
非モテなオレが
5日間でヒロインと出会うまで
680円(税込み)
イラスト 兎塚エイジ
デザイン 荻窪裕司(META+MANIERA)

あらすじ
仲の良い友人はほとんど彼女持ち。そして、唯一の彼女なし仲間だった最後の一人まで可愛い幼馴染みの彼女をゲット! なんとオレだけ独り身に! モテない男子高校生、それがオレ、戸佐一月(とさいつき)だ。そんな孤高の苦しみを噛みしめる高校二年の秋、『あなただけのヒロイン』に出会えるというゲームアプリを知る。ーーこの際、ゲームでもいいからヒロインとの出会いをくれ! とオレはスマホでプレイを始めたが、これが一筋縄ではいかなかった……!
(2016.09 刊行)

電撃文庫公式サイト紹介ページ(立ち読みができます)へ

Amazon Kindle (電子書籍)


■2015年
・メディアワークス文庫より発売中

クリックすると拡大
行列のできる不思議な洋食店
~土曜の夜はバケモノだらけ~
637円(税込み)
イラスト オオタガキ フミ
デザイン AFTERGLOW
あらすじ
食事に対してある問題を抱える女子大生、山嶺結(やまみねゆい)は、最寄り駅の商店街で仮装イベントが開催されていた土曜日の夜、イベント参加者の骸骨男 に誘われ、洋風家庭料理店『すずらん』へ入店する。が、仮装イベントの参加者だと結が思っていた店内の客たちは、いずれも人間ではなく――。
(2015.10 刊行)

メディアワークス文庫公式サイト紹介ページ(立ち読みができます)へ

 
Amazon Kindle (電子書籍)

クリックすると拡大
ショコラの王子様
616円(税込み)

イラスト くじょう

デザイン 安藤竜也(むしデザイン)


あらすじ

女子高生、藤代翠(ふじしろみどり)は、帰宅途中、電車を乗り過ごしてしまう。そして降り立った駅で、ひょんなことから駅舎内併設の店を訪れる。店の名前 は『カカオ・クリオロ』。どうやらチョコレート専門店のようで――?
(2015.01 刊行)

メディアワークス文庫公式サイト紹介ページ(立ち読みができます)へ

Amazon 
Kindle (電子書籍)


■2014年
・メディアワークス文庫より発売中

クリックすると拡大
依頼は殺しのあとに
659円(税込み)

イラスト スカイエマ

デザイン AFTERGLOW

あらすじ
一種の詐欺行為で日々の糧を稼いでいた青年、南(みなみ)は、それがもとで目をつけられ、危うい状況に。選択肢が提示される。リンチか転職か。かくして、 清掃会社『にこにゃんハウスクリーニング』に勤めることになったのだが――。
(2014.05 刊行)

メディアワークス文庫公式サイト紹介ページ(立ち読みができます)へ

Amazon Kindle (電子書籍)


■2013年
・メディアワークス文庫より発売中

クリックすると拡大
黒百合の園
~わたしたちの秘密~
680円(税込み)

イラスト shimano

デザイン 濱祐斗 [YUTO HAMA DESIGN]

あらすじ
華百合(はなゆり)女子高等学校に通う二年生の蓬来みすず。彼女は通り魔事件の被害に遭い、自身の記憶を失ってしまった。犯人は捕まっていない。登校した 朝、ある騒動の後、犯人はクラス内にいるというメモを机の中から発見するが――。
(2013.12 刊行)

メディアワークス文庫公式サイト紹介ページ(立ち読みができます)へ

Amazon Kindle (電子書籍)

クリックすると拡大
謀王(はかりおう)
659円(税込み)

イ ラスト 鳥越タクミ
デザイン 鈴木亨

あらすじ
ローデン国第二王子、フィッツラルド。周囲の予想を覆し、父王から次期国王の指名を受けたことで、行く末は順風満帆かと思われたが――。 騙王の続編です。
(2013.04 刊行)

メディアワークス文庫公式サイト紹介ページ(立ち読みができます)へ

Amazon Kindle (電子書籍)




2012年以前